トピックス



  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 【連載】月刊 人事マネジメント2013年1月号

お知らせ

【連載】月刊 人事マネジメント2013年1月号

2013.01.26

●表紙2013.1月号.jpg

月刊 人事マネジメント2013年1月号(株式会社ビジネスパブリッシング発行)より
弊社代表:門田政己が連載を担当しています「データが語る!成果をもたらす人財の真相」が発売されました。
今回のテーマは、「優秀な人財の価値観は何か?」です。
みなさまの組織にとってご参考になれば幸いです。


お買い求め>>> http://www.busi-pub.com/


以下、連載の内容になります。
※ 内容の公表につきましては、納本1ヶ月後のご承諾を頂いております。


2013年1月号_データが語る!成果をもたらす人財の真相.pdf


◆筆者
門田 政己(かどた まさみ)
「持続可能な人と組織の成長」をテーマに社会人の育成に携わる。今までに500以上の組織へ業績向上や組織活性化を実施。新刊に『人財白書 ~パフォーマンスを上げる人財の要件~』(産学連携調査)などがある。

◆企業情報
MON株式会社
〒104-0061東京都中央区銀座5丁目6番12号 bizcube 7F
メール info@moncompany.co.jp
電話 03-6311-7584(代表)
ホームページ http://www.moncompany.co.jp/

◆第2回 優秀な人財の価値観は何か?
前回(第1 回)は,社会や経済の環境変化に対応しつつ新たな価値を創造する「成果をもたらす人財」に求められる絶対条件「自己肯定意識(ポジティブマインド)」をご紹介しました。今回は,その自己肯定感と相関関係にある「価値観」の傾向を分析してみたいと思います。

◆「手段価値」を前提に分析
「価値観」といっても十人十色です。これだけ趣味嗜好が多様化している時代において,枠にあてはめて傾向を見ること自体がいささか乱暴な気もしますが,私たちの価値観は全く収集できないものでもありません。「人財白書(パフォーマンスを上げる人財の要件)」(*)では,「手段価値」を手がかりに人財の傾向を見ています。「手段価値」とは,人が人生で達成したいと考える目標に到達するための手段(行動様式)を表しています。社会心理学者MiltonRokeachが提唱した価値観の基準で,日本企業でも組織マネジメントやマーケティング分析などで広く利用されています。国内外のMBA(経営学修士号)の講座でも組織行動学の学習に欠かせない内容です。同じ立場にある人は,同じような価値観を持つ傾向があるといわれています。

◆ポジティブな人の価値観
結論から言うと,ポジティブな人財の価値観トップ3 は「1 位:勇敢であること(自分の信念のために立ち上がる)」「2 位:想像力に富むこと(大胆・創造性)」「3位:礼儀正しいこと(丁寧・マナーが良い)」でした(図表1 )。自身の長所を多く見出すポジティブな人財と価値観との相関関係では,「勇敢」「想像力」「礼節」が深く関係していました。人物像としてイメージするのであれば,『信念を持ち創造的に滞ることなく物事を進める人』と表現できるでしょう。また別の見方をすると,自己へのポジティブな思考や肯定的評価が,達成可能性に対する主観的確率を高め,勇敢な行動力を現実化し,他者からの評価に臆せず想像力を発揮して大胆で創造性のある行動につなげ,かつ礼節を欠くことのない紳士淑女たる振る舞いを貫いている姿を想像することができます。

◆短所を発見する人の価値観
逆に自身の短所(ネガティブな側面)を多く発見する人では,「従順」「論理的」「野心的」「有能」といった価値観で深く相関関係が見られました。特に「従順」と自己肯定との相関は極端に低く,「従順であること(忠実・尊敬の念に満ちている)」を重視するグループでは自身の短所を多く認知する傾向が強いことが分かりました。自身の短所を多く発見するという心理には,謙虚さや謙譲の精神,他者の尊重といった思考が背景に考えられます。「謙虚さ」「謙譲の精神」「他者への尊重」だけを取り上げれば,日本人特有の魅力であり,国民性として優れた特徴だともいえますが,短所を多く発見する自己否定的な価値観は,「謙虚さ」が行き過ぎて「自己卑下」に陥る可能性もあるので注意が必要です。また,正当な自己主張や適切な行動をも抑制してしまう副作用を引き起こす危険性もあります。もっとも,短所を発見する特性が悪いというわけではありません。「論理的であること(一貫性・合理的)」「野心的であること(勤勉・向上心)」「有能であること(優秀・効果的)」といった価値観は,産業革命や技術革新によって日本の高度成長期を支えたバックボーンでもあります。現代でもある商品が薄型になったり,軽量化されたり,高品質化されたりするのは,現状に甘んじることなく自らの成功体験をも否定して乗り越えてきた証ともいえます。

◆就業形態別で異なる価値観
では,価値観を就業形態別に見るとどうでしょうか? ここでは「人財に関する調査」の企業編から紹介したいと思います(図表2 )。「会社員で管理職以外」と「会社員で管理職」の価値観では,「1位:責任感があること」「2 位:正直であること」「3 位:有能であること」が同じでした。これらに対して,「会社の役員(トップ以外)」は,「1 位:役に立つこと」「2 位:責任感があること」「3 位:愛情深いこと」の順になり,また,「会社の経営者(トップマネジメント)」では,「1 位:責任感があること」「1 位(同率):正直であること」「2 位:役に立つこと」「3 位:論理的であること」となっています。立場によってそれぞれ目標を達成するための手段価値が違うことを示した結果となりました。皆様の会社では,どのような価値観を持っている方が多かったでしょうか?

*  *

次回は,今回取り上げた価値観をもとに社内でのキャリア形成に触れ,「どのような価値観を持っている人が社内で好評価を得ているのか?」をご紹介する予定です。

*  *

(*)「人財白書」......法政大学大学院(政策創造研究科ゼミ代表者会議)が実施した社会調査とMON株式会社が同校監修のもとで実施した「人財に関する調査」をまとめたもの。分析結果では,「パフォーマンスを上げる人財の要件」の解明に成功しています。
→冊子ご希望の方は著者までご連絡を。




※ 本件で使用している商標等は、各社の商標です。

※ 個人情報の取り扱い、ならびにその他情報の取り扱いにつきましては、MON株式会社が定める
  プライバシーポリシーに添って情報の収集、利用、提示を適切に行います。

MON株式会社
〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-12 bizcube 7F
TEL:03-6311-7584 FAX:03-6311-7585
http://www.moncompany.co.jp

会社外観
MON株式会社
住所
東京都中央区銀座5丁目6番12号 bizcube 7F
TEL
03-6311-7584
FAX
03-6311-7585
アクセス
東京メトロ「銀座駅」B3出口より 徒歩2分
JR「有楽町駅」中央口より 徒歩8分
お問い合わせ
会社案内

© MON company All Rights Reserved.