トピックス



  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 日経流通新聞 (日経MJ) Facebook 特集に掲載

ニュース&リリース

日経流通新聞 (日経MJ) Facebook 特集に掲載

2011.01.24

2011年1月24日発行の日経流通新聞(日経MJ)へ
株式会社キャリア研と弊社(MON株式会社)が共同運営するFacebookファンページ(現:Facebookページ)
Japanese Origami Yakimono」が国内ファンページのファン数ランキング11位に取り上げられました。



日本経済新聞(日経MJ)Facebook特集.jpg


以下、掲載記事より抜粋

●世界から実名ファン集客
 世界最大の交流サイト(SNS)、フェイスブック。利用者数は5億人を超え、中国(13億人)、インド(12億人)に次いで企業が進出すべき急成長市場としてマーケティング担当者から注目を浴びる。国内の他のSNSと異なり、フェイスブックは利用者が実名を出すのが原則。企業にとっては利用者の特徴を把握しやすい利点がある。日本での利用者はまだ多くないが、海外でファンを獲得して、売り上げ増につなげている例もある。企業にとって効果的な販売促進活用法を探る。

●登録者、東南アが9割
 日本好き狙い「カタカナ」表記
若者向けのジャケットやシャツなどを販売するアパレルブランド「satisfaction guaranteed(サティスファクション ギャランティード)」は2010年2月にフェイスブックにファンページを開設した。ファンページとはインターネットの企業公式サイトにあたり、企業が商品情報を発信するほか消費者が情報交換できるページだ。
 アパレルメーカーのエスワンオー(東京.目黒)が07年に立ち上げたブランドで、国内の知名度は高くない。だが、国内のフェイスブック登録ファン数(ネットサイトでの「お気に入りに登録」に近い)は約22万人で日本一だ。2位のクーポン共同購入の「ポンパレ」(1万9801人)とは10倍以上の差がある。
 フェイスブックの取り組みを通じて同社の売上高はこの半年で3割程度伸びたという。同社の佐藤俊介社長は「国内限定のミクシィと違い、フェイスブックは『日本発』で世界とつながることができるのが最大の強み」と語る。」登録ファンの95%以上がインドネシアやシンガポールなど東南アジアの消費者が占める。
 同社はフェイスブックで、今日の天気や食事といった他愛のない会話から新製品情報まで、世界中のファンと情報を交換している。これだけではミニブログ(ツイッター)の活用法と同じ。フェイスブックは実名主義で、利用者の属性や行動様式なども把握しやすい。同社は会話の中から国ごとの所得やネットリテラシーの高さ、好みの色やデザインなどを調査し、昨年10月にシンガポールに海外初出店した。
 投じた費用は1000万円程度。アジア地域では1クリックあたり数円程度で広告出稿できるとされ、低価格でファンを獲得できる。もともと検索エンジン最適化(SEO)を強みとするネット企業でもあり、クリックされやすい広告を作るノウハウもあった。
 広告では英語で表記する企業が多いなかで、あえて「カタカナ」を混ぜ込んだ。シンガポールなどでは「日本に関心を持つ人が多く、日本語にも関心があるはず」と踏んだためだ。実際に調査したところ、ブランド名をカタカナに表記するともっともクリックされることが分かった。
「22万人という数字は、いち早く手掛けたことと地道に調査・分析を進めた結果」(同)と語る。
 海外でブランド価値を高めたことで、今年に入り、東京・渋谷の店舗でもファンページを見たという客の来店が急増。フェイスブック内のオンライン販売でも日本人の購入者が伸びてきた。





※ 個人情報の取り扱い、ならびにその他情報の取り扱いにつきましては、MON株式会社が定める
  プライバシーポリシーに添って情報の収集、利用、提示を適切に行います。

MON株式会社
〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-12 bizcube 7F
TEL:03-6311-7584 FAX:03-6311-7585
http://www.moncompany.co.jp

会社外観
MON株式会社
住所
東京都中央区銀座5丁目6番12号 bizcube 7F
TEL
03-6311-7584
FAX
03-6311-7585
アクセス
東京メトロ「銀座駅」B3出口より 徒歩2分
JR「有楽町駅」中央口より 徒歩8分
お問い合わせ
会社案内

© MON company All Rights Reserved.